お客様の声

ソシデアは、特許、商標等の知的財産業務に加えて、イノベーション提案を試みています。イノベーション提案って、なに?そんなこと、できるの?というご意見を頂いております。そこで、現在、ソシデアがイノベーション提案を担当しているお客様から、声をきかせていただきました。

服薬通知システム「お薬タイム」のイノベーション提案

らいふ薬局 戦略事業部 部長/薬剤師

百々史和様

北九州と北陸で薬局チェーンを展開する「らいふ薬局」様は、J2サガン鳥栖を応援する中小企業の一つです。今年の5月に社長の竹原様が、サガン鳥栖の社長に、兼務にて就任なさいました。

 

「らいふ薬局」の経営の要であり、ご自身も薬剤師として店舗で調剤をされている、百々様よりお話を伺いました。

Q:「らいふ薬局を運営している㈱ナチュラルライフの社長、竹原様が、サガン鳥栖の社長になられたということですね。らいふ薬局様の社員としては、どのように感じられましたか?」

 

「従来より、らいふ薬局は、地域密着型で、新しい健康的な市場を創造したいと思いがありました。そこで、地域のサッカーを応援することで、地元に元気と健康を提供できれば、喜ばしいと思っています。」

 

Q:「竹原社長は、どんな人ですか?」

 

「アイデアが豊富で、じっとできない人ですね。頼れる兄貴のような存在で、信頼しています。新しい意見も肯定的にうけとってもらえるので、やり易いです。」

 

Q:「さて、そんな竹原様と、ソシデアとの最初のお付き合いはなんですか?」

 

「最初は、お薬タイムについて、特許が取れるのかということを相談したのがきっかけです。」

 

Q:「お薬タイムとは、どんなものですか?」

 

「薬局の患者さんの携帯に、服薬の時間になるとメールが送られるシステムです。患者さんが薬の飲み忘れを防止できます。このシステムで特許が取れないか相談しました。」

 

Q:「特許は取ることができたのですか?」

 

「いいえ。ソシデアさんに調査していただいたところ、既に他の人が特許の出願を出しているので、特許を取れないということでしたので、出願できませんでした。」

 

Q:「それでは、ソシデアとの関係も、それで終わりだったのでは?」

 

「はい。我々も最初は、特許の相談だけだと思っていたので、それでおしまいかと思っていました。しかし、その後、ソシデアさんからは、「お薬タイム」について、多くのアイデアを頂いたんです。」

 

Q:「といいますと?」

 

「ソシデアさんは、特許だけの視点ではなかったんです。具体的には、特許以外に、お薬タイムのシステム提案をしてもらいました。我々は、薬剤師なので、どうしても、患者目線というのもの失いがちなんです。しかし、ソシデアさんから、顧客である患者の目線で、システム提案をいただけて、眼から鱗の部分がありました。」

 

Q:「ということは、特許以外に、システムの新たなアイデアを提案したということですね?」

 

「はい。結局、ソシデアさんの考え方は、アイデアのうち、特許を取るという限定された見方ではなく、イノベーションを起こすためといいますか、患者に使ってもらうためには、システムをどういうふうに改良すれば良いかという提案をいただきました。」

 

Q:「新たなアイデアの提案ということですね。それ以外にもありますか?」

 

「例えば、お薬タイムの営業で、新しい提案をする際に、その提案が、現在のIT業界でどの程度の位置づけで、将来的な可能性があるかを、客観的に判断いただきました。また、自分の提案が良い案であると、ポジティブに励ましていただいたので、モチベーション的にも助かりました。」

 

Q:「客観的なアドバイスと、元気をもらったということですかね。」 

 

「そうですね。我々は、薬剤師ですので、薬が専門で、ITについては知ってはいても、将来性を予測することは難しいところもありました。そこで、他のシステムや、IT業界の今後の動向を知っている方に意見をいただいたことは、参考になりました。また、我々が自分の案に自信がないときに、ポジティブに励ましてくれながらも、好ましくない点は、要所、要所で指摘頂いたため、非常に参考になりました。」

 

Q:「特許を離れて、いわば、システムコンサルティングという感じですかね?」

 

「いや、ソシデアの場合は、実質的にはコンサルティングなんですが、いわゆる、世の中のコンサルティングとは、異なりますね。」

 

Q:「といいますと?」

 

「私も、コンサルティングの方との経験はあるのですが、あたり障りない意見を、遠くから言っていただくことが多くて・・・お付き合いが続かないのです。」

 

「ソシデアさんの場合は、コンサルという感じよりも、一緒に創っていきましょうよ、という感じで、中に入り込んで意見を言ってくれるので、説得力がありました。また、システムに対する思い入れを感じたので、僕自身も、このシステムに情熱を注がなくてはと、ケツを叩かれた感じがしましたね。」

 

Q:「なるほど。当事者意識が高く、提案をしてもらえるということですね。ソシデアは、ITのシステム提案という側面が強いですか?」

 

「もちろん、そうなんですが、通常のシステム会社の提案は、その発注するITシステムには興味あるのですが、サービス全般には興味ない場合が多いのです。例えば、我々、薬剤師は、薬局サービス全般を提供しています。この一部である、患者情報のITのシステムを発注する場合に、患者情報のITのシステム自体も大事なのですが、薬局サービス全般から、その発注したシステムの評価もしてほしいのです。」

 

Q:「それが、ソシデアには、感じられたということですか?」

 

「はい。ソシデアさんは、薬局サービス全般を把握して、そのサービスの流れの中で、システム提案したいという姿勢でした。ですので、ITシステムが薬局のサービス業務の中で有効に活用できるのかを、検証いただいたように感じられましたね。そいういう意味では、システム提案のみならず、サービス提案もあるように感じました。」

 

Q:「ところで、お薬タイムの、これからの将来はどうですか?」

 

「もっと使いやすく。おじいちゃん、おばあちゃんが、操作方法にとらわれないで、パッと触ってもらえるようにしたいですね。前は、どうしても、薬局目線で考えていたのですが、患者目線をソシデアさんから、頻繁に指摘いただいたので、こういった、患者目線の将来イメージは、ソシデアさんから得たところもあると思います。」

 

Q:「ソシデアでは、イノベーション提案ということを言っていましたが、そこまでの提案があったと思いますか?」

 

「提案としては、イノベーションというところもあったと思います。例えば、お薬タイムについては、国も、「どこでもMY病院」という「お薬タイム」に類似の構想を始めたのですが、我々の後追いでやりはじめました。我々が発想した「お薬タイム」ですが、ソシデアさんが、「お薬タイム」の現在のニーズはどうなのか、ですとか、時代の流れからどういうデザインにしたらよいか・・などのアドバイスがあり、イノベーションに向けての具体的なアイデアだったと思います。」

 

Q:「お薬タイムの企画の途中で、他社の参入もあったのではないですか?そういった他社との競合という点で、アドバイスもありましたか?」

 

「差別化のアドバイスを頂きました。自分たちの“強み”って、何?というところを考えさせてもらいましたね。例えば、お薬タイムに似た健康サービスで、万歩計と連動する健康サポートサービスや、QRコードで読んだ薬の情報をスマートフォンに表示させるなどのサービスが、他社で始まりました。この時に、お薬タイムは生き残れるかな、という雰囲気もあったのですが、ソシデアさんと相談して、薬剤師が行うサービスなのだから、薬局にあるデータを活用して、服薬に特化したサービスを提供しようということを話し合いました。つまり、他社にはない強みを活かしたサービスとして、「薬局データを活用した服薬」ということをキーにして、他社サービスとの差別化を認識することができました。」

 

Q:「貴社の強みを反映するコアサービスの抽出ができたということですね。このような会社の強みを話すことは、話が込み入ってくると思いますが、電話会議での不自由はありませんでしたか?」

 

「ほとんどなかったですね。映像もついていたので、ほとんど会って話している印象でした。面白かったのは、うちの薬局のスタッフは、ソシデアの小木さんのことを、覚えてしまって、親近感を持っていましたよ。直接、会ったことないはずなんですが(笑)。」

 

Q:「それは、ほとんど会っているのと変わりませんね(笑)。それでは、最後に、これからのソシデアに期待することをお願いします」

 

「普通、特許事務所に仕事をお願いする場合、特許の話をするのですが、我々、顧客としては、製品の将来像として、特許だけを考えることはないんですよね。つまり、自分のシステムについて、特許になるアイデアだけを考えることはありません。我々が考えるのは、システムの将来像ですが、特に、利用者のニーズが高いアイデアについて考えています。」

 

「でも、ニーズが高いアイデアを、経営者や企画者が一人で考え出すことは、自分の立場だけで発想することも多く、独りよがりになってしまいがちです。そこで、こういったシステム全般の話し相手や、アドバイスをしてくれる人が、ソシデアさんであってほしいですね。」

 

「らいふ薬局としては、将来のITシステムを、ソシデアさんと刺激し合いながら創造していきたいです。ソシデアさんには、我々と理想や思いを共有して、患者さんのためのシステムづくりに協力いただきたいですね。こちらこそ、これからも、宜しくお願いします。」

 

Q:「本日は、ありがとうございました。」

商 号 : 株式会社ナチュラルライフ

設立  : 2007年3月22日

代表者: 代表取締役 竹原 稔

本 店 : 佐賀県佐賀市巨勢町修理田1226-4

URL  : http://www.naturallife.co.jp/