無形資産のマッチングで地域エコシステムの自律的な成長を

 地域で生まれたエコシステムが機能するためには、そのエコシステ厶の自律的な成長が必要であり、我々はその鍵が'「組織の枠を超えた無形資産の共有」だと考えています。地域企業の経営課題(ニーズ)と地域の無形資産 (シーズ)を組み合わせ、育むことで地域エコシステ厶は成長していく可能性があります。

 

 我々は、新たな無形資産マッチングサービス 「iAm<アイアム>」を通して、新事業の創出、業務コストの削減、SDGsへの取り組み、従業員満足度の向上等の課題を解決するため、多岐にわたったソりユーシヨンを提案します。貴社のニーズやシーズを我々にお聞かせください。

マッチングシーズはこちら → iAm  https://www.facebook.com/IntangibleAssetsMatching

iAmシーズ発表会のお知らせ        

九州知財コンソーシアム

 

地域活性化を目的として、地方の無形資産を活用するために、金融機関、弁理士、デザイナーが知財に関するコンソーシアムを立ち上げました。今年度、iAmに問い合わせのあった特許等に関するシーズを発表させて頂くのが本イベントになります。また、ワークショップでは、日本各地の産学連携で成果を上げている事例とともに、アイデアを社会実装するために必要なことについて議論します。

 

日時:令和5年2月3日 17:30-20:00

場所:XOSS POINT

熊本県熊本市西区春日1丁目14-1 くまもと森都心プラザ2

内容:

1)    開催挨拶

大熊本証券 法人ソリューション部長 清水 孝洋 

2)    シーズ発表

   パナソニックの開放特許紹介 

パナソニックIPマネージメント㈱ 関章

   着られる立体音響スピーカ  蓑田英德 

   Easy configuration of readily available RS485 Devices for easy integration with other devices 合同会社クロップウォッチ ケビン・ケントレル

   プラズマローゲンによる脳革命 九大教授藤野先生の研究

         プラズマローゲン製薬株式会社 田中和光

   天草で40年!トビ職人の足場アイデア  中野積 

   『再生可能燃料のグローバルネットワーク』の取組について

     東京大学 先端科学技術研究センター 特任専門員 加藤研一

   半導体教育の基本ツール開発 有明高専 石川洋介 

3)    ワークショップ

「アイデアを社会実装するには:産学連携はこれからが本番!?」

登壇者 九州経済産業局 知的財産室長 榎本史夫

 熊本市 産学連携コーディネーター 青山こういち

      パナソニックIPマネージメント㈱ 関章

      徳島大学 客員教授 加藤研一

      有明高等専門学校 准教授 石川洋平

㈱フィールドワークス 代表取締役 古家達也

司会: ソシデア知的財産事務所 代表弁理士 小木智彦

 

  講演録画予定 (後日Youtubeで配信)

 

シーズ発表会にご参加希望の方は、info@socidea.jpまでお気軽にご連絡ください。